ムアツムアツ

ムアツの選び方

ムアツふとんを購入する際に便利な選び方のポイントです。厚みや硬さなど、体型やお好みに合わせてお選びいただけます。

ムアツの種類

ムアツふとんは、適度な硬さを持った特殊なウレタンフォームでできています。
そのウレタンフォームは、厚さ(高さ)、硬さ、形状などの種類があるので、身長や体重、好みに合わせてお選びいただけます。 理想的な寝姿勢を保ち長くご愛用いただくための、ご自分に合ったムアツの選び方をご紹介します。

厚さ(高さ)

ムアツの厚さ(高さ)は基本的に8?Bか9cm。わずか1cmの差ですが、この差により耐久性や安定性にも違いがでてきます。
また、ムアツふとんはマットレスなしの1枚でお使いいただくため、ヘタりにくくしっかり身体を支える9?Bが人気です。

硬さ

?@上層・中層・下層のN(ニュートン)

ムアツ 2フォーム

2層構造になっているムアツふとんの、上層・下層のウレタンフォームの硬さを表した数値です。
それぞれのかたさをN(ニュートン)で表しています。

ムアツ スリープ スパ (3フォーム)

3層構造になっているムアツふとんの、上層・中層・下層のウレタンフォームの硬さを表した数値です。
それぞれのかたさをN(ニュートン)で表しています。

※マットレスパッド・ムアツパッドは1層構造のため、全体のN値を表記しています。

?A区分

ムアツふとんのかたさ目安を数値化して区分しています。
数字が大きいほどかためになります。

?Bかたさ目安

ムアツふとんは、種類によりかたさが異なります。
★印が多いほどかためになります。

※かたさ目安は昭和西川計測による指標です。表層のウレタンフォームのかたさを基準にして設定しています。

たたみ形状

ムアツふとんを「たたむ」際の形状で、「三つ折」タイプと丸める「のべ」タイプがあります。

三つ折

3つのブロックで構成され、普通のふとんと同様コンパクトに折りたためるので、楽に収納できます。腰のあたりがへたりやすいので、中芯をローテーションしていただくと長くお使いいただけます。

のべ

丸めてマジックテープでとめるタイプです。折り目がないため、境目を気にせず寝ることができます。

タイプ別

畳や床に直接敷くフロアタイプの他、ベッドで使えるタイプがございます。

フロアタイプ

マットレスなしで畳や床に敷いてお使いいただくムアツふとんです。

商品一覧はこちら

ベッドタイプ

お使いのベッドやマットレスの上に引いてお使いいただくムアツです。

商品一覧はこちら

作りで選ぶ

2フォーム/3フォーム構造からお選びいただきます。

2フォーム

2重構造の下層に無膜ウレタンを使用して通気性を大幅に向上(当社比)。

商品一覧はこちら

3フォーム (スリープ スパ)

凹凸3フォーム構造マットレスを重ねて寝ることで、睡眠の質の改善と疲労感軽減効果を確認いたしました。
※外部サイトへ移動します

商品一覧はこちら

ムアツ売れ筋ランキング



昭和西川の20年ムアツ昭和西川の20年ムアツ
ムアツ2大特典ムアツ2大特典