日本製真綿ふとん /レンガ

中わたには、富岡シルクを使用。シルクサテンの側生地で、つるりとした滑らかな肌触り
品番: 2211451338231N000
カラー: ベージュ
セール価格¥418,000
■真綿ふとんとは
繭から薄く引き伸ばした絹(シルク)を何層にも重ねて、中わたに使用した布団

■当商品の説明
中わた、側地共にシルク製。
中わたには、富岡シルクを使用。
富岡で生まれた繭を、絹織物の産地として1300年以上の歴史を積み重ねた京都・丹後地方の職人の手仕事で、ふとんに仕上げました。
布団のサイズに薄く引き伸ばした薄いシルクを、何層にも重ねて作るため、多くの手間と時間が掛かりますが、シルクの層と層の間に空気を含むおかげで、ふっくらと心地が良い仕上がりになっています。
側地もシルクサテンなので、つるりとした滑らかな肌触りをお楽しみいただけます。

■富岡シルクの説明
群馬県富岡市には、富岡製糸場の操業時から、厳しい品質基準に基づく高品質な繭を扱っていました。
富岡シルクは、富岡市で約10軒の農家によって生産された繭を使用しており、繭糸の太さや、節が少なく、極めて白度が高い色のほか、糸のほぐれ易さ、染色性の良さなどにおいて特長があります。

■真綿(シルクの中わた)ができるまで
2名の職人が共同で、決められた布団のサイズに繭を手で薄く引き伸ばします。
数個の繭を四角く重ねた、角真わたと呼ばれるものの角をそれぞれが持ち、均一な力で少しずつひろげてゆきます。
慎重に広げては重ねるという作業を何百回もくりかえして、中わたが完成します。
(中わた1.0�sで約420回、0.5�sで約210回)

■特徴
・幾重にも重なった層と、絹の優れた吸放湿効果でムレを防ぐ
・熱を逃がしにくく、繊維の間に空気層ができるため暖かい
・独自の保湿性により静電気が起こりにくく、繊維も長いためホコリも出にくく清潔で衛生的
・素肌と同じたんぱく質が主成分の為肌に優しい素材
・真綿の繊維はとてもしなやかで、全身にフィットするように包んでくれる

■おすすめの時期
温かく、蒸れにくいので、真夏以外は常に活躍します。
真冬: 羽毛ふとんの内側で使用。ドレープ性が高く、身体を柔らかく包んでくれるので、暖かさを保つ上に、蒸れにくくなる。
春・秋: 真綿ふとん単独で使用。温かさも保つため、タオルケットなどでは寒い時期や、日ごとに気温が変化しやすい時期に快適。

■おすすめの使い方
柔らかさやドレープ性を生かすために、カバーは軽くて薄い素材やガーゼ素材がおススメ

【サイズ】
150 × 210cm

【組成】
絹100%

【詰め物】
絹100%(ぐんま200)
充填量1.0�s

【製法】
手挽き(約420回)

【カラー】
ピンク・ベージュ

【生産国】
日本

※受注生産品のため、注文後発送目安のご連絡をさせていただきます。