寝具・布団通販は西川ストア TOP > コラム > お手入れラクラク!ムアツふとんは衛生的で経済的

お手入れラクラク!ムアツふとんは衛生的で経済的

ムアツふとんは、繊維を使用した一般的な布団と異なり、良質なウレタンフォームを使用しているため、ホコリやダニの心配が少なく、お手入れ方法もとても簡単です。今回は、ムアツふとんを長く快適にお使いいただくためのポイントをご紹介してみます。

風通しを良くする

基本的なお手入れとしては、室内に立てかけるか陰干しするだけ。直射日光の当たる場所に干す時には、変色を早める原因にもなりますので、通常のお布団より短めの時間(30分以内)にしてください。
ウレタンフォームは、ご家庭では洗えません。汚れがひどい場合には、ふとん専門のクリーニング店にご相談いただくか、お客様相談窓口までお問い合わせください。

ご使用後に敷いたまま放置しておくと、カビの発生の原因ともなりますので、ご注意ください。

側地も清潔に

ムアツふとんの側地は、通気性にこだわって作られています。また、現在販売中の商品の側地は全て、抗菌防臭効果のあるポリジン加工済で、丸洗いもできるので、毎日清潔にご利用いただけます。ただし、以前のモデルや一部特殊な商品については、ご自宅でお洗濯できないものもございます。説明書や洗濯表示をご確認いただくか、お客様相談窓口までお問い合わせください。

側地が洗えるタイプの商品は、取扱絵表示に沿って洗濯してください。側地が洗えないタイプの商品は、汚れた部分に中性洗剤をつけタオルなどですぐ拭き取るか、つまみ洗いをしてよく乾燥させてください。

ムアツふとんは耐久性が高く長くお使いいただけますが、側地は布なので長期間使用するとヨレや汚れが蓄積してしまいます。ムアツ専用の『側地(替えがわ)』は、公式通販サイトやムアツ取扱い店舗にて販売しておりますので、汚れやヨレが気になった時には交換してください。

必見まるわかり!実は簡単な側地(替えがわ)交換

大きなムアツふとんの側地の取り外しは大変そう…と思っていませんか。ファスナー付きで、コツを掴めば難しくありません。新しい側地やキレイにお洗濯した側地に取り替えれば、新品のようなムアツふとんでおやすみいただけます。

のべタイプの側地交換

まず、ムアツふとんを広げてファスナーを外して側地を取り、中のウレタン素材の中芯を取り出します。次に新しく被せる側地を開き、上下の向き(タマゴの点がある方が上です)に注意して中芯を中に入れます。L字ファスナーになっていますので、角をきっちり合わせてから入れてください。最後に角に隙間やシワが入っていないことを確認しながら、中芯をファスナーに巻き込まないよう注意して、ファスナーを閉めていきます。

上下の向き(タマゴの点が上)に注意 上下の向き(タマゴの点が上)に注意
角をきっちり合わせましょう 角をきっちり合わせましょう

三つ折タイプの側地交換

まず、ファスナーを外して側地を取り、中のウレタン素材の中芯を取り出します。次に新しく被せる側地を開きます。3ブロックに分かれてつながっているので、1ブロックずつ入れていきます。上下の向き(タマゴの点がある方が上です)に注意して、1つ目の中芯を入れます。1つ目の中芯が正しい位置に入ったのを確認し、挿入した部分までファスナーを閉めます。2つ目、3つ目についても、上下の向きに注意しながら、1つ目と同じように入れます。最後に角に隙間やシワが入っていないことを確認しながら、中芯をファスナーに巻き込まないよう注意して、ファスナーを閉めていきます。

3ブロックに分割されています 3ブロックに分割されています
中芯は、ブロックごとに入れていきます 中芯は、ブロックごとに入れていきます
中芯を入れたブロックごとにファスナーを 中芯を入れたブロックごとにファスナーを
角や隙間のシワを確認しましょう 角や隙間のシワを確認しましょう

正しくお手入れすれば長く使えて経済的

ムアツふとんは、正しいお手入れすれば7年〜8年ほど使用することができます。一般的な敷き布団のように、打ち直しの必要ありません。長く気持ちよくお使いいただくためにも、基本の風通しと側地を清潔に保つことをお勧めします。

昭和西川は、お客さま1人ひとりに適した“良質な眠り”“健康”をプロデュースいたします。快眠寝具を企業理念とし、お客さまの健康づくりに貢献。ナチュラルパワーと機能商材を採り入れた“良質な眠り”をご提案。お客さまの好みに合わせた”親切なモノづくり”。誠実をモットーとした、品質の追求。