寝具・布団通販は西川ストア TOP > コラム > 家庭でできる!洗濯機を使った毛布の洗濯法

家庭でできる!洗濯機を使った毛布の洗濯法

冷え込む夜に大活躍するふんわり毛布。毎日使用していると汚れが気になってしまいますよね。クリーニングに出すのも方法のひとつですが、家庭の洗濯機で洗えるものがあります。
では、洗濯機で毛布を洗うにはどこに気をつければいいのでしょうか?
そこで今回は、洗濯機を使った毛布の洗い方について、ライオン株式会社の生活情報サイト「Lidea(リディア)」にお洗濯情報を掲載しているお洗濯マイスター・大貫和泉さんにお話を聞きました。

毛布を洗う前に

1.洗濯表示を確認する

洗濯表示をチェックして、ご家庭の毛布が洗濯機で洗えるか確認しましょう。
新・洗濯表示に「洗濯おけ」の記号がついている場合は、洗濯機で洗えます。
また、従来の絵表示に「洗濯機」マークがついている場合も、洗うことが可能です。

※洗濯表示は2016年12月1日に改定されました。

2.洗剤を選ぶ

洗濯表示だけでなく、タグの注意書きにも確認して、適切な洗剤を選びましょう。

3.汚れをたたき落とす

もの干し竿などにかけて、ホコリや髪の毛などの汚れをたたき落とします。

4.洗剤の原液を塗布する

直接肌が触れる部分は、皮脂や汗で汚れています。
洗剤の原液を塗布して、キャップの底や洗濯ブラシの背で軽くたたいて前処理をしましょう。

洗濯機で毛布を洗う方法

毛布を洗濯機で洗う場合は必ず「洗濯ネット」を使用してください。洗濯ネットは布団用の大型を用意します。

1.毛布をたたんで洗濯ネットへ

毛布の汚れた部分を外側にし、洗濯ネットの大きさにあわせて「ジャバラ状」にたたみ、ロール状に丸めて洗濯ネットに入れます。

2.汚れた部分を下側に

縦型全自動洗濯機の場合、直接肌が触れて汚れのついた部分を洗濯槽底部のパルセーター(回転板)側に向けて入れます。

3.コースを選んで毛布をしっかり押し沈めを

洗濯機の「大物洗いコース」や「毛布コース」を選んで、洗剤投入口に液体洗剤をセットします。
毛布は浮きやすいので、両手で5〜6回程度、洗剤液にしっかりと押し沈めてから洗濯を始めましょう。
柔軟剤を使うと、ふっくらと滑らかな肌触りに仕上がり、静電気もおさえられます。

効率よく乾かすなら、竿を2本使った「M字」干し!

大型の毛布は乾きにくいので、もの干し竿を2本使って「M字」状に干しましょう。こうすることで、効率良く乾かすことが可能です。
また裏側が乾きにくいので、途中で表と裏をひっくり返すと乾きが早くなります。

さらに詳しい情報はこちらを参照ください。
洗濯機で毛布を洗う方法だけではなく、手洗いで洗う方法もご紹介しています。

「毛布」はどう洗濯する?洗う前の準備と洗い方・干し方
https://lidea.today/articles/167

LIONお洗濯マイスター 大貫和泉

洗濯機を使った毛布の洗い方、いかがでしたか?
面倒なイメージのある毛布の洗濯ですが、洗濯機を使えば、手軽に洗うことができます。気になる汚れをスッキリさせて、快適な睡眠ライフを送りましょう!

  • 毛布・ブランケット商品一覧
西川オンライン登録

昭和西川は、お客さま1人ひとりに適した“良質な眠り”“健康”をプロデュースいたします。快眠寝具を企業理念とし、お客さまの健康づくりに貢献。ナチュラルパワーと機能商材を採り入れた“良質な眠り”をご提案。お客さまの好みに合わせた”親切なモノづくり”。誠実をモットーとした、品質の追求。