昭和西川の20年ムアツ昭和西川の20年ムアツ

変わらない最高の寝心地を
お届けしたい

人は1年で約1万回の寝返りをしているといわれています。
毎日寝返りをして長く使っていることで、マットレスは弾力性がなくなったり
へたったり、やわらかくなっていきます。
この“へたり”が寝心地を悪くし、睡眠の質を低下させる1つの要因となります。
お客様に最高の寝心地を長くお届けしたいから、昭和西川では自社基準に基づく耐久試験を実施。
長く快適にお使いいただける「20年ムアツ」シリーズをご用意しました。

いまの寝心地がつづく
「20年ムアツ」

スリープスパXは、独自開発した高弾性ウレタンフォームを上層・中層に使用。
また、全層に無膜ウレタンを使用。前後左右に湿気を拡散する構造で、通気性は従来品の約150%アップを実現しました。
さらに、JIS規格に基づく8万回の3倍にあたる24万回を自社基準とした耐久試験を実施。
「20年ムアツ」とは、この厳しい品質基準に合格した高品質なムアツふとんのみに与えられる称号です。

いまの寝心地が続く「20年ムアツ」 いまの寝心地が続く「20年ムアツ」

20年の寝返りを想定した
性能試験を実施

<試験方法>
毎分70回の早さで圧縮荷重750N(約76.5㎏)を上から加え、1日30回の寝返りを想定し、約20年分の240,000回の繰り返し圧縮試験を行っております。
試験方法:JIS K 6400-4 A法(定荷重法)
試験機関:検査機関調べ

20年の寝返りを想定した性能試験を実施 20年の寝返りを想定した性能試験を実施

20年後もムアツ史上
最高の寝心地のヒミツ

ヒミツ01
20年の寝返り想定で
厚みの低下率3.1%
20年後もほぼ変わらない形状
長く使えます。

低下率とは、元の形状からどれだけ変化が
見られたかを示したものです。

ウレタンフォームの形状変化 ウレタンフォームの形状変化
ヒミツ02
20年の寝返り想定で
硬度低下率わずか13.7%
20年後も寝心地をキープ(従来品比)

硬度低下率とは、試験前と比べて硬さが
どの程度低下しているかを示したものです。

ウレタンフォームの硬度変化率 ウレタンフォームの硬度変化率

SleepSpaXSleepSpaX

スリープスパX
フロアタイプ(敷き布団)
スリープ スパ X
スリープスパXベットマットレス
ムアツとマットレスの一体タイプ
スリープ スパ X ベッドマットレス
ムアツ2大特典ムアツ2大特典

長くご使用いただくために
定期的なメンテナンスを実施ください

中芯のローテーション(三つ折りタイプ)

ムアツふとんの側地を外すと、ウレタンを取り出すことができます。
三つ折りタイプの場合、ウレタンは3つに別れており、「腰」部分のウレタンは、「頭」「足」部分に比べて硬度の低下が大きい箇所です。
それぞれのウレタンを定期的に入れ替え、ローテーションすることで、より長く安心してお使いいただけます。
※ウレタンの入れ替えの際、黒いメッシュカバーは取り外さずに入れ替えをおこなってください。

ウレタンのローテーション 正しい寝姿勢での体圧分布
ローテーションしやすい工夫
L字ファスナー

ローテーションしやすいように、側生地は各ブロックごとにL字ファスナーがついています。
ファスナーを開き、中芯を取り出して入れ替えをおこないます。 また、側生地は洗濯機などで丸洗いが可能です。

L字ファスナー L字ファスナー
メッシュカバー

さらに、中芯は取り出しやすいようにメッシュカバーつきです。ウレタンの入れ替えの際には、黒いメッシュカバーは取り外さず、そのまま入れ替えをおこなってください。

メッシュカバー メッシュカバー
毎日のお手入れについて

正しいお手入れをしていただくことで、長く、清潔にお使いいただけます。

  • 使用後は室内に立てかけて、風通しを良くしてください。
  • 外に干す場合は、日陰の風通しのよい場所で側地をかけたまま干してください。
  • 直射日光は劣化の原因になりますので、避けてください。
  • 除湿パッドをご使用いただくこともおすすめです。
    除湿パッドのご購入はこちら
  • 梅雨の時期は特に湿気がこもりやすくなるため「60°C30分」を目安に、ふとん乾燥機をご使用いただくこともおすすめです。
  • 側地は取り外して洗濯機などで丸洗い可能です。

毎日のお手入れ 毎日のお手入れ
ムアツ替え側について

生地破れ・面ファスナー不良等が発生した場合には、側生地のみ交換することで、引き続きお使いいただけます。
※使用状況により個人差はありますが、7年前後を目安に交換いただくのがお勧めです。
替え側のご購入はこちら

ムアツの替え側 ムアツの替え側